2019年6月7日 夏の風物詩「香住の活イカ」プランのご案内

お客様の目の前でもまだ動いている、本当に新鮮な「活イカ」をご堪能いただけます!

香美町香住のお宿・お食事処で6月から8月末まで開催中!

兵庫県北部の日本海に面した香美町の夏の風物詩と言えば、シロイカの生き造り「香住の活イカ」です。
元来、イカは非常にデリケートな生き物で生きたままの状態で水揚げするの極めて難しいとされてきましたが、 香美町香住でも2002年から活イカがスタートすると、たちまち観光客の人気となりました。
現在では、毎年6月から8月末頃まで、町内のお宿・お食事処で味わうことができます。
この夏の旅企画、食企画などございましたら、ご取材につきましてご検討いただきますようよろしくお願いいたします。なお、実際に取材に入っていただける場合には、より詳細な情報提供、スケジュール調整、撮影アテンドなど地元調整を含めた最大限のご協力をさせていただきますので、何なりと香美町役場神戸営業所 木原までお問い合わせください。

イカ釣り漁船の漁火

 

■イカ釣り漁師の鮮度へのこだわり
「イカ」は元来、非常にデリケートな生き物で、外部 からの刺激を受けるとスミを吐く、網の中で他の魚に触れたり、人の手に触れたりすると弱って死んでしまう生き物です。そのため香住の「活イカ漁」は、イカが弱りやすい「網漁」ではなく、1匹ずつ釣り上げる「1本釣り」で手間暇かけて行っています。釣り上げた「活イカ」は、漁船の底に設置された水槽に入れられ、その水は絶えず船外の海水と循環するようになっており、「活イカ」がさっきまで生息していた環境を多待つように工夫されています。
漁を行っている間、生きたまま釣り上げた「活イカ」が決して死んでしまうことのないよう鮮度保持に全力を注いでいます。
「活イカ」漁が行われるのは、深夜から朝方にかけて。本当は漁が終われば、漁師はすぐに 港に水揚げしたいのですが、「活イ カ」はそうはいきません。前述のとおり「活イカ」は非常にデリケート な生き物。船底水槽の水が港に近づけば近づくほど、海水の質が変わってしまい、「活イカ」がどんどん弱っていきます。そのため、漁師は競り(仲買人との 取引)が行われる直前まで「活イカ」が生息していた漁場に留まり、「活イカ」の鮮度保持に努めます。

お客様の目の前でもまだ動いている、本当に新鮮な「活イカ」を堪能してしただける料理となっています。

■仲買業者の「活イカ」を活かしておくための努力

ようやく港に到着した「活イカ」は、水揚げに際し、最新の注意を払い扱われます。「活イカ」は水温 15℃程度で生息しているため、人間の素手(約 37℃)で触ってしまうと、その体温で「活イカ」は火傷を起こしてしまいます。火傷を起こした「活イカ」はすぐに死んでしまうので、カゴや網を使って丁寧に扱い、イカが水槽にぶつかることがないよう特別に作られた緩やかな水流のある水槽で保管されます。
仲買業者が細心の注意で払い扱った「活イカ」は長くて3日間程度しか生きることができません。宿から注文の入った「活イカ」は、出荷に際し、刺激を与えてスミを吐くことのないよう慎重に梱包され、宿の食事の時間に合わせて届けられます。

■お宿料理人による「活イカ」最後の仕上げ
お宿では、お客様に生きている「活イカ」を見ていただいてから、イカがスミを吐くことのないよう料理人が丁寧に扱い、お宿自慢のお造りとし、お宿こだわりの塩やスダチで美味しく召し上がっていただきます。
お客様の目の前でもまだ動いている、本当に新鮮な「活イカ」を堪能してしただける料理となっています。

 

■プランの概要 ※詳細は別紙チラシをご覧ください

実施期間 令和元年6月1日(土)~8月末日
実施店舗 香美町香住区内のお宿・お食事処28軒
内  容 「香住の活イカ」プランは、昼食、夕食、1泊2食の夕食でご提供します(すべて要予約)。 香住産「活イカ(シロイカ)」を使用した姿造りなどのお造りをメイン料理とし、その他、地元で 水揚げされる魚介などを使用した料理が付属します(各店舗で使用する食材は異なります)。
料  金 各お宿・お食事処で異なります
(2名様ご予約の場合の1名様料金です)。
お宿(食事のみ、1名様) 5,400 円~ 9,800 円程度(税込)
お宿(1泊2食、1名様) 12,420 円~ 29,000 円程度(税込)  お食事処(食事のみ、1名様) 4,320 円~ 5,480 円程度(税込)
予  約 各宿のウェブサイト(HP、じゃらんネット、楽天など)からご予約いただけます。
「香住 活イカ」で検索をお願いします。 または、香美町香住観光協会( 0796‐36‐1234)にお問い合わせのうえ、ご予約いただけます

 

香美町役場神戸営業所で「兵庫県香美町」の観光PRをしています木原弘一郎と申します。
兵庫県北部に位置する香美町で旬を迎える「香住の活イカ」プランについて、ご紹介させていだきます。
香美町の香住沖では、6月になるとイカ釣り漁船の漁火(いさりび)がたくさん見える季節になります。イカの料理は、どこにでもあると思われますが、香美町香住のお宿、お食事処では生きたままのシロイカの料理「活イカ」にこだわり、絶品の「香住の活イカ」料理を提供させていただいています。

 

令和元年香住の活イカプレスリリース

令和元年香住の活イカチラシ

令和元年香住の活イカ実施店舗一覧